ソファーのことは癒しのソファーでOK

Office DE  Choice

手入れ

  • ソファは日頃の手入れで長持ちに差が出る家具の一つで、高級な本革ソファだと 手入れを怠るとすぐに痛んでしまいます。 ソファも安くありませんし、せっかくのお気に入りのソファだと思いますから、 手入れをしっかり行って、できるだけ長く使い続けて欲しいものです。 長持ちさせるために ソファを長持ちさせる3つのポイントを紹介します。
  • 乱暴にしない
    ソファの上で暴れたりしない、移動の際に引きずらない、ぶつけない、 傷をつけない、ということです。特に本革のソファはキズが付きやすくて、 目立ちやすいです。できるだけ大事に扱うようにしましょう。
    置く場所を考える
    ソファを置いているだけでダメージを受けるもの、それは直射日光です。 それに加えて外気にさらすこともダメージを受けてしまいます。 窓際にソファを置いているとこの二つのダメージを受けてしまって どんどん弱ってしまいます。 さらに窓際というのは砂埃も入りやすく、 ソファの表面に細かいキズをつけやすくします。

    対処法としては窓際から移動させて敵から遠ざけるのが一番なのですが、 他の家具、インテリアの関係や、そこにしか置けないといったこともありますので、 ソファにソファーカバーを掛けてあげましょう。 そして、窓にはレースのカーテンを付けておくと良いでしょう。 できるだけ直射日光を避けるようにしてください。
    手入れはしっかりと
    手入れは毎日こまめに行うのが一番いいのですが、 なかなかそんな時間がなかったり、面倒だったりすることもあります。 なので、基本的には週に1度の簡単な掃除を行って、本革のソファなら クリームを最低でも2〜3ヶ月に一度は塗りこみましょう 。これでも全く手入れをしない場合と比べても大きな差が出てきます。

    いろいろな手入れ方法をこれから紹介していきますのでぜひ試してみてください。 ここから専用のページを用意しましたので、手入れのことで 興味があるところがあれば読んでみてください。 できれば全部に目を通していただけたらソファを正しい方法で 手入れができると思いますのでよろしくどうぞ。

    recommend

    最終更新日:2019/8/2

    ページのトップ

 
 
 
 
 
 


Copyright (C) 2008 癒しのソファー.All Rights Reserved